おえかきミシンの使い方

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!

おえかきミシンが家に到着したらまず試してみたいのがおえかき機能ですよね!
迷うことなくおえかき機能が使えるようにまとめてみました。

 

おえかき機能の使い方をご紹介します。

 

操作パネルの使い方はとても簡単です。何しろこれだけしかありませんので・・・(笑)

 

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!

おえかきモードの設定はなんと3つだけ!!

 

これなら機械に弱い方でも使いこなせると思いませんか^^

 

【準備】OEKAKIモードに切り替える

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!
電源を入れてからこの「OEKAKI」と書かれたボタンを押します。
ボタンがグリーンに変わったらオーケー!
このボタンが点滅していない時は普通の実用縫いのミシンになっています^^

 

【おえかきモードの設定1】操作パネルで縫い模様を選ぶ

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!
OEKAKIモードに切り替えてから始めに表示されているのが縫い模様の選択です。
と言っても2種類しかありません。

 

A1が左針落ちからのジグザグ縫い、A2が中針落ちからのジグザグ縫いとなっています。
この違いは実際にやってみて、お好みの方を選択すれば良いでしょう。
私の場合はなんとなくA2で縫うことが多かったかな。

 

三角のボタンを押すことで変更できます。

 

【おえかきモードの設定2】針の振り幅を設定する

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!
次に、この「MENU」ボタンを押してください。設定メニューが変わります。
今度は針の振り幅を設定することができます。
針の振り幅・・・とはつまり線の太さのことで、フットコントローラを踏み込んだ時の
最大線の太さをここで設定することができます。

 

初期設定では「5.0」となっていて、これが一番太く、数字を小さくすれば振り幅も小さくなります。
「0.0」まで設定できます。「0.0」は針が振らなくなるので直線を縫うときに便利。

 

私は割と細いのが好みだったので「2.5」とかに設定することが多かったです^^
三角のボタンを押すことで線の太さを変更できます。

 

【おえかきモードの設定3】縫い速度を設定する

おえかきミシンの使い方 これだけ知っておけば大丈夫!
また、この「MENU」ボタンを押してください。設定メニューが変わります。
今度は縫い速度を設定することができます。

 

初期設定ではここが「6」となっておりまして、最も縫い速度が速いのです。
数字を小さくすることで速さが遅くなります。

 

早いと手元が追いつきません。慣れるまでは「4」程度の速さにしておくと良いです。

 

三角のボタンを押すことで縫い速度を変更できます。

 

 

上調子ダイヤルの設定

 

下糸が布の上に出ないよう上調子ダイヤルを「−1」から「−3」の間に設定しておきましょう。

 

 

これで設定関連は終了です。
色々変えてみて、自分の好みに調整していきましょう。